主犯格は、『東野圭吾』と『チキンラーメン』

0
      o0640048010298031759.jpg

    僕:ほんとそんなつもりはなかったんです。


    昨夜は酒も飲まなかったし、十時前には床に入れる状態でしたから。


    それでつい文庫本に手を伸ばしたんです、時間があったんで。


    でも少しだけと思っていたのに関係はズルズルと続いて・・・。


    絶とうと何度も思いました。お腹も空いてきたし。


    でも、そんな時でした。


    『これ食べればいいじゃん』、夜食役を買って出る、あいつが出てきたんです。


    コトは、一筋縄ではいかなくなりました。


    東野圭吾 『次のページめくれば、衝撃的なシーンがあるぜぃ。まだまだいこうぜ』

    チキンラーメン 『深夜に食うオレは、格別だぜ〜。あんただって知ってんだろ』


    甘い言葉に、僕はあっさりと飲み込まれました。

    翌日の仕事の時間が、いつもよりだいぶ遅いというのも、

    手を染めさせる要因のひとつになったともいえます。



    犯してしまった、“夜中にラーメン”罪。

    しかし。。


    これが、

    『あたしがこの家のルールブックだ!』の名言で有名な、会長(嫁さん)にバレるわけにはいきません。


    ラーメンの袋、器、箸をきっちり元に戻し、

    テーブルを拭き、

    薬味に使った、ネギ、ゴマ、味のりも、さも使ってないように置いた向きまで気を配り、

    完璧のはずでした。



    はずだったのに・・・。



    なぜ?どうしてわかったんです探偵さん?



    会長(嫁) 『開いて置いたままの文庫本、よく見ると、スープが散ったシミがあったのさ』


    僕 『・・・ぃょっ、名探偵あせる


    o0200015010298058125.jpg
     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.22 Friday
      • -
      • 23:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      profile

      search this site.

      categories

      links

      archives

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR